fbpx

世界に一つしかない オリジナルカップケーキを開発しよう! | こどもラボ

IMG_0957

こどもラボ2018年7ー8月プロジェクト
「世界に一つしかないオリジナルカップケーキを開発しよう!」が終了しました。

今回は和歌山市でカップケーキを販売するCUPSのまきんこさんとのスペシャルコラボ!
いつもは「食べる」が仕事の子どもたちですが、
今回は「つくる」が仕事。
出来上がった作品は見た目も味も一味違うものとなりました!


目 次

1. カップケーキはどうやって作られるの?
2. コンセプトについて
かんがえよう!
3. コンセプトをもとにカップケーキをデザインしよう!
4. 自分のデザインをプレゼンしよう!
5. グループのデザインをプレゼンしよう!
6. 試作品を食べて改善するポイントを考えよう!
7. 「世界に一つだけのカップケーキ」ついに完成!
8. 体験したことを振り返ろう!


1. カップケーキはどうやって作られるの?

「カップケーキって知ってるひと?」

IMG_7844

たくさんの子がカップケーキを知っていました。
そして、たくさんの子がカップケーキを食べたことがありました。

「じゃ、カップケーキを『作った』ことがあるひと?」

IMG_7963

食べたことはあっても、作ったことはない子がたくさん。
それなら、カップケーキを作っているところに行ってみよう。
そうすれば、どうやってつくるのか、
何に気をつければいいかが見えてくる。

IMG_7963

ということで今回はCUPSにやってきました!

IMG_7963

オーナーのまきんこさんからカップケーキをつくる上でのアドバイス。

IMG_7963

真剣に話を聞く子どもたち、

IMG_7963

あとから見直せるようにメモもとって、

IMG_7963

わからないことがあれば質問もして、

IMG_7963

イメージが湧いてきた!
いよいよ次から、「世界に一つしかないカップケーキ」をつくっていく。
みんなでぜったい、いいのをつくるぞ!

IMG_7963

 


2. コンセプトについてかんがえよう!

コンセプトっていうのは、家の柱のようなもの。
ここがグラグラだとあとから崩れてしまう。
だから、とっても大事なんだ…

IMG_8407

そんな大事なコンセプトはこれ!!

IMG_8407

これをもとに、「世界に一つしかないカップケーキ」をつくっていく!

でも、「秋」ってなんだろう…
「ワーオ!!」ってどんな時になるのかな…
なにを「おいしい」と感じるんだろう…

今回はこれを考えていきます。

IMG_8439

一人で思いつかないなら、他の子と一緒に考えてみて。
そうすれば、きっと何かを思いつく。

IMG_8407

もし意見が違っても、それはそれでいいんだよ。
だって、
一人ひとり顔の形が違うように、考えていることも違うんだから。

IMG_8439

そして、「違う考え」と「違う考え」を組み合わてみよう。

IMG_8439

そうしたら、誰も思いつかなった「新しい考え」が生まれるんだ。

IMG_8439

ほらね。
こんなにたくさんの「考え」がでてきた!

IMG_9086

色々な「おいしい」があるんだね。

IMG_9086

 


3. コンセプトをもとにカップケーキをデザインしよう!

IMG_9089

いよいよ、コンセプトを形にしていきます。
まずは自分だけのカップケーキをデザインしてみよう。

IMG_9086

「秋」を感じる、

IMG_9722

IMG_9722

「ワーオ!!」となるような、

IMG_9722

IMG_9722

「おいしい」カップケーキを、

IMG_9722

IMG_9722

つくっていく!

IMG_9722

もし何かでつまったら、

IMG_9722

誰かに手伝ってもらおうよ。
そうすれば、新たな「トッピング」が加わるから。

 


4. 自分のデザインをプレゼンしよう!

今回は自分でつくったデザインのプレゼン。
ゴールはより多くの相手から「いいね!」をもらうこと。

まずはグループ内で。

IMG_0060

どこにこだわっているのか、

IMG_8516

なぜそうしたのか、

IMG_9178

次はみんなの前で!!

IMG_8575

IMG_9178

自分の思いが相手に届くように、

IMG_9178

IMG_9178

相手から「いいね!」がたくさん返ってくるように。

IMG_8602

 


5. グループのデザインをプレゼンしよう!

前回の授業の後、まきんこさんにつくったデザインを見てもらいました。
「どれも本当に素敵!!」
「全部をカップケーキにしてみたい!!」
ただ、もっとお客さんに喜んでもらうためには、
「ぱっと見て『ワーオ!!』となるような色使い」が必要。
(どうしても「秋」をイメージするとモノトーンになりがち…)
その点を子どもたちに伝えました!

今回はその点を踏まえて、グループで一つデザインを作ってみよう。

IMG_8602

一人ひとりが作ったデザインを持寄ります。

IMG_8602

ここで大切なのは、
「全部を混ぜ合わせたらいい!」ってことではないってこと。

おかっちが教えてくれました。

「カレーライスとアイスクリームとトンカツとラーメンの関係」。

どれもとってもおいしいけど、全部混ぜるとおいしくなくなっちゃう。

大切なのはどれとどれを混ぜるのか。
そして、どことどこを組み合わせるのか。

IMG_9220

そんなむずかしい役をリーダーさんに任せました。

みんなの意見を聞きながら、

IMG_9220

どれとどれを混ぜるのか、

IMG_9220

どことどこを組み合わせるのか、

IMG_9220

どんな風に仕上げていくのか、

IMG_9220

もちろん、他の子たちも協力してね。

IMG_9220

IMG_9220

リーダーさんも大切だけど、

アイデアを生み出すのはきみたち一人ひとりなんだ。

IMG_9220

自分だけじゃ思いつかないことも、

IMG_9220

他の誰かは思いついているから、

IMG_0833

それを上手に組み合わせていくんだ。

IMG_9220

「はい、終了!」
「まだのところもそれで終わり!」

時間が大切ってことも学んだよね。
時間っていうのは限られているんだ。
「あと少し!」って思っても、
決められた時間の中でやらないとだめなんだ。
だから、限られた中で、計画してやっていくんだったね。

IMG_0833

次は、全体へ向けてのプレゼン。

プレゼンの準備をしよう。

IMG_0120

誰が、何を、どうやって伝えるのかも考えなくちゃ。

IMG_0833

いよいよプレゼン。
自分たちのデザインを伝えていきます。

IMG_0120

「良さ」がしっかり伝わるように、

IMG_0120

班のみんなで協力して、

IMG_0120

助け合って、

IMG_0120

励まし合って、

IMG_0120

全班のプレゼンが終わりました。
どこの班のデザインがよかったかな?

IMG_0120

再度、アピールします。

IMG_0120

「このカップケーキおいしそう。」

IMG_0120

どれどれ…

IMG_0120

どの班のも、
「ワーオ!!」があって、「秋」があって、それに「おいしそう」!!

IMG_0120

 


6. 試作品を食べてみよう!

ついにこの日がやってきた。

待ちに待った。

頭に描くだけ描いて、

よだれが出そうになって、

思わず吸い込んだあの日。

そんなことは今日はない。

だって、今日は

試作品を食べる日だから!

IMG_0120

採用されたデザインは一つ。
どのデザインだろう。

IMG_0120

みんな楽しみ。

IMG_0120

おかっちからの発表。

「採用されたのは…」

IMG_0120

「このグループのデザイン!」

IMG_0120

そりゃ嬉しいよね。
だって、時間をかけて、みんなで作ったんだから。

IMG_0120

まきんこさんいわく、よかったところは、
秋を感じる色合いとチョコの組み合わせ、
そして何より…

「リスのデザインを取り入れたところ!!」だそうです。
一目みて、「ワーオ!!」ってなるもんね。

じゃあ、このデザインがどんなカップケーキになったんだろう。

一緒に見てみよう。

いくよ。

3…

2…

1…

IMG_9331

「ワーオ!!」

これがぼくたちのカップケーキ!!

IMG_9331

IMG_8301

IMG_8301

みんなとってもうれしそう。

味はどうかな…

IMG_9331

IMG_8301

IMG_8301

IMG_0042

おいしい!!

IMG_8301

うまい!!

IMG_8301

でも、

ちょっと、

甘すぎるかも…

IMG_8301

まだ試作段階。
改善点はいっぱい出た方がいい!

どうしたらもっとおいしくなるかな。

IMG_8301

どうしたらもっと「ワーオ!!」ってなるかな。

IMG_0042

グループで意見を出し合ったら、次は全体に向けて発表しよう。

IMG_8301

そしてどんどん改善していこう。

IMG_8301

もっとおいしく、

IMG_8301

もっと素敵な「世界に一つしかないカップケーキ」にするために。

IMG_8301

子どもたちが出した改善案はまきんこさんのもとへ届けられました。

そして、改善案を基にカップケーキを作り直してくださいます。

プロと子どもたちが交錯する場、それが子どもラボ。

最終的にどんなカップケーキになるんだろう…


7. 「世界に一つだけの」カップケーキついに完成!

IMG_1172

改良に改良を加え、「世界に一つしかないカップケーキ」がついに完成!

今日のパーティーでお披露目です。

どんな色合いになったんだろう。

IMG_0875

どんな「ワーオ!!」が加わったんだろう。

IMG_1172

準備はいいかい?

いくよ、

3、

2、

1、

じゃん!!!

IMG_0875

「ワーオ!!」満載、

「秋」を感じる、

「おいしい」に決まってるカップケーキだ!!

早速みんなでいただきます!!

IMG_0875

おいしい?

IMG_0875

おいしいにきまってるよ!

だって、ぼくたちがつくったんだから。

IMG_0875

 


8. 体験したことを振り返ろう!

「世界に一つしかないオリジナルカップケーキを開発しよう!」はこれにて終了。

カップケーキについて調べることから始まって、

IMG_0798

IMG_0798

コンセプトについて考えて、

IMG_0798

IMG_0798

自分だけのデザインを作ってみて、

IMG_0798

IMG_0798

プレゼンをして、

IMG_0798

IMG_0798

お互いのを組み合わせて、

IMG_0798

IMG_0798

デザインができあがったんだ。

IMG_0798

IMG_0798

そうやって、
「世界に一つしかないカップケーキ」は生まれていったんだ。

うまくいかない方法を見つけながら、

IMG_0798

IMG_0798

うまくいく方法がを見つけたんだ。

そして、

IMG_0798

「世界に一つだけのオリジナルカップケーキ」が完成したんだ。


まきんこさんがラボキッズにメッセージを送ってくださいました。

3つのことを大切にして欲しい。

IMG_0622

一つ目は、

「夢を描くこと」

IMG_9690

ことばにはおっきな力があって、
ことばにすることで、「夢」が「現実」に近づいていくんだ。
だから、どんな夢でもことばにしよう。

二つ目は、

「行動すること」

IMG_9690

まきんこさんは小さいなころから「カップケーキ屋さんをつくりたい!」っていう夢を持ってたんだ。
だから、いろんなところに行って、いろんなことを学んだんだよ。

待ってても夢はやってこないんだ。

だから、
いろんな所へ行って、いろんな経験をしてね。

そして三つ目、

IMG_9690

みんな、サイコロって知ってるかな。

サイコロには6つの目があるけれど、1の目から6の目は見えないんだ。

人も一緒。

ぼくに見えてて、きみに見えないものがある。

きみに見えてて、ぼくに見えないものがある。

だから、仲間を大切にしよう。

きみにないものをその人は与えてくれるんだから。

その人には見えないものをきみは与えることができるんだから。

IMG_9690

まきんこさん、ありがとうございました。
カップケーキをつくるということを通じ、
子どもたちは本当に多くのことを学ぶことができたと思います。
子どもたちの気持ちを第一に、寄り添いながら、
カップケーキの開発に関わってくださったこと、本当に感謝しております。


最後に、まごっちからラボキッズみんなへ。

ぼくがこのラボを通して一番伝えたかったことは、

「物事は見方を変えることで全然違う見え方をする」ってこと。

みんな、「失敗の話」をしたのを覚えているかな。

「失敗するのは恥ずかしいからいやだ。」

「失敗するくらいならやらないほうがマシ。」

そんな風に思われがちな「失敗」についての話。

IMG_9376

今、きみたちの前には二つの分かれ道があります。

一つは、ずーーっと先まで続いている道。

もう一つは、すぐそこで行き止まりになっている道。

きみたちはどっちの道を行くかな?

IMG_9647

そりゃ、ずーーっと続いている道を行くよね。

だって、どんどん先へ進んでいけるんだから。

実は「失敗した時」っていうのは、
この「分かれ道」にやって来た時と同じなんだ。

IMG_9647

もし失敗して、

「ああ、ダメだ」とか、

「やらなきゃよかった」って思ってしまったら、

それは「行き止まりの道」へ行っているんだ。

IMG_9647

でも、失敗した時、

「何がダメだったんだろう。」

「どうしたらうまくいくんだろう。」

って考えたら、

「ずーーっと続く道」へ進んでいけるんだよ。

IMG_9647

「わたしは『失敗』したことがない。
『うまくいかない1万通りの方法』を見つけただけだ」

きみたちはこのラボでいくつ「うまくいかない方法」を見つけれたかな?

IMG_9647

どれだけ、「何がダメだったんだろう」って振り返られたかな?

IMG_9647

どれだけ、「どうしたらうまくいんだろう」って考えられたかな?

IMG_9647

きっと、たくさん見つけたんだろうね、

「うまくいかない方法」を。

IMG_9647

そして、

きっと見つけたんだね、

IMG_9647

「うまくいく方法」も。

IMG_9647

じゃないと出来上がらなかったよね、

IMG_9647

こんな素敵な「世界に一つしかないカップケーキ」は。

IMG_9647


ということで、
7−8月のプロジェクト「世界に一つしかないオリジナルカップケーキを開発しよう!」が終わりました。
まきんこさん、ご協力いただいた保護者の方々、そしてラボキッズのみんな
本当にありがとうございました。

PETERSOXスクールリーダー
まごっち

IMG_9932

 


〜おまけ〜

S__18268172

S__18268168

IMG_0328

IMG_8621

IMG_8620

IMG_8616

IMG_8611

IMG_8610

S__18268169

S__18268170

IMG_8619

IMG_1081

IMG_8617

IMG_9265

IMG_9265

IMG_0114

IMG_9539
IMG_9259
IMG_9539
IMG_9539


こどもラボとは?

こどもが「やってみたい!」と思ったことを、プロと協力して形にし、社会に発信する課題解決型教育プログラムです。

HP: http://petersox.com/class/kids-labo/