fbpx

こどもが夢中になる カードゲームを開発しよう! | こどもラボ

IMG_0957

こどもラボ2018年4ー6月プロジェクト
「こどもが夢中になる カードゲームを開発しよう!」が終了しました。

こどもたちが大好きな遊びといえばの代表格、カードゲーム。
いつもの「する側」から「つくる側」にまわり、
こどもの目線から「こどもが夢中になる」カードゲームを開発しました!


目 次

1. カードゲームのなにが「おもしろい」?
2. コンセプトをかんがえよう!
3. コンセプトをきめよう!
4. コンセプトと近いカードゲームを分析しよう!
5. 夢中になるカードゲームをつくろう!
6. もっと夢中になるカードゲームをつくろう!!
7. ワールドカフェで使う漢字やルール、ペナルティーをきめよう!

8. デザイナーさんの意見を参考に最終版をつくろう!
9. 体験したことを振り返ろう!

10. <番外編>カードゲームをやってみよう!!


1. カードゲームのなにが「おもしろい」?

「カードゲームはおもしろいけれど、なにが『おもしろい』んだろう。」
「それぞれのカードゲームの『おもしろさ』って同じなのかな。」
まずは色々なカードゲームを実際にやってみました。

IMG_7777

なにが「おもしろい」んだろう?

IMG_7844

それぞれのカードゲームの「おもしろさ」を分析!

IMG_7963

「UNOはカードの色を増やすともっとおもしろくなるんじゃないかな。」

IMG_7963
一人の考えでは限りがあっても、
みんなが意見を出し合えば、
新しい「おもしろさ」が見えてくる。

IMG_7963

 


2. コンセプトをかんがえよう!

コンセプトってなに?

IMG_8362

コンセプトはぼくたちがこのカードゲームを作る目的のこと。

なんでこのカードゲームをつくりたいんだろう?

IMG_8407

このカードゲームがあればどんないいことがあるんだろう?

IMG_8439

むずかしいけど、時間をかけてかんがえる。
だってコンセプトがぐらぐらだと、どこかでこわれてしまうから。
家を建てるのと同じだね。

IMG_8439

 


3. コンセプトを決めよう!

まずはそれぞれのコンセプトを書きだそう!

IMG_9089

13人がいれば、13通りのコンセプトが生まれる。

IMG_9086

自分のコンセプトのどこが大切で、どこが魅力か。

IMG_9722

どんな「おもしろさ」があるのか。

IMG_9722

みんなのコンセプトが組み合わさっていく!

IMG_9722

 


4. コンセプトと近いカードゲームを分析してみよう!

ぼくたちのつくるカードゲームのコンセプトは

「漢字(かんじ)が好きになるカードゲーム」

に決まりました!

IMG_0060

じゃあ、どんなカードゲームをつくっていけばいいんだろう?

まずは、ぼくたちのコンセプトと近いカードゲームをやってみよう。
そこから何かヒントが得られるはず!

IMG_8516

「どんなところがおもしろかった?」

IMG_9178

「どうすればもっとおもしろくなるのかな?」

IMG_8575

「こうした方がいいんじゃない?」

IMG_9178

みんな夢中になってかんがえました。

IMG_8602

 


5. 夢中になるカードゲームをつくろう!

いよいよ自分たちでカードゲームをつくっていきます!

コンセプトは

「漢字(かんじ)が好きになるカードゲーム」。

IMG_8602

まずは一人で。

IMG_8602

そして今度はグループで。

どんどん案が深まります。
1+1は3にも5にも10にもなっていく!

IMG_9220

IMG_0833

IMG_0833

やってみてわかることもあるよね。

IMG_0833

 


6. もっと夢中になるカードゲームをつくろう!!

次は他のグループへのプレゼンだ。

自分たちのゲームのなにが「おもしろい」のか。

どこにこだわっているのか。

わかりやすく、ていねいに。

相手から「いいね!」と思われるように。

IMG_0120

IMG_0120

IMG_0120

伝え忘れなんてないよね?

IMG_0120

しっかり聞いて、

IMG_9331

質問もして、

IMG_9331

みんなの良いところが組み合わさったら、

IMG_8301

もっと夢中になるカードゲームができあがる!!

IMG_0042
話し合いの結果、

今回は神経衰弱とへんとつくりを合わせて漢字をつくるゲームを組み合わせることになりました!

 


7. ワールドカフェで「使う漢字」や「ルール」、「ペナルティー」を決めよう!

今回はワールドカフェという手法を用います。

ワールドカフェは「参加者が少人数に分かれたテーブルで自由に対話を行い、時間がきたら各班のリーダーを残し、他のテーブルとメンバーをチェンジしつつ話し合いを発展させていく」手法です。

短時間で複数のことを決めることができ、
企業家の間でも用いられています。

今回はこれを使い、「ゲームで使用する漢字」、「ルール」、「ペナルティー」を決めたいと思います。

IMG_0106

いろんな視点が混ざり合えば、

IMG_0134

新しい景色が見えてくる、

IMG_0130

時には議論も出るけれど、

IMG_0130

IMG_0130

それがあるからこそ、もっと良いものが出来上がる!

IMG_0130

誰かの助けがあるからこそ、

IMG_0130

見えない景色が見えてくる!!

IMG_0130

 


8. デザイナーさんの意見を参考に最終版をつくろう!

さぁ、完成までもう少し!

ここからはデザイナーの道上さんにも協力してもらい、
プロの目からのアドバイスをいただきます。

IMG_0875

これまでの案にもっと深みが出てきます。

IMG_1172

IMG_1172

IMG_1172

IMG_1172

漢字を表す絵だって、

IMG_1172


IMG_1172

ゲーム名のデザインだって、

IMG_1172

IMG_4197

トランプの裏絵だって、

IMG_1270

IMG_1172

完成!!!!!!

IMG_1172

道上さん、あとはお願いします!!

 


9. 体験したことを振り返ろう!

「こどもが夢中になる カードゲームを開発しよう!」はこれにて終了。

実際にカードゲームをやってみることから始まって、

IMG_0798

「なにが『おもしろい』の?」って考えあって、

IMG_0798

コンセプトを練って、

IMG_0798

カードゲームをつくってみて、

IMG_0798

改良して、

IMG_0798

意見もぶつかり合ったけど、

IMG_0798

それがなきゃ、それより前へは進めなかった。

お互い助け合わなかったら、

IMG_0798

こんな良いトランプはできなかった。

そして、

IMG_0798

最後にみんなでこんな良い顔できなかったね。


10. <番外編>カードゲームをやってみよう!!

IMG_0106

そう!!

ぼくたちがつくったカードゲーム。

とうとう完成しました!!

今日はこのゲームの良さをわかってもらえる宣伝をしてみよう。

そのために、まずは自分たちでやってみます。

IMG_0106

IMG_0134

みんな楽しそう!

IMG_0134

IMG_0130

それに、

うれしそう。

IMG_0130

だって、ぼくたちがつくったカードゲームなんだから。

IMG_0130

やってみたからこそ改めてわかる良さがある。

その良さをどうやったらわかってもらえるかな。

どうやったらこのカードゲームを手に取ってもらえるかな。

IMG_0130

そのためには伝え方が大事。

プレゼンの役割をリーダーさんが分担します。

IMG_0130

自分のパートの練習、

IMG_0130

しっかり伝わるよう何度も繰り返して、

IMG_0130

時には助け合って、

IMG_0130

全体へのプレゼン。

今回のラボでも何度もやってきました。

IMG_0130

ただ伝えるだけじゃなく、

IMG_0875

相手がおもわずうなるような、

IMG_0130

思わず「いいね!」と言ってしまうような、

IMG_0875

そんなプレゼンをしていこう。

きみたちの思いはきっと伝わってるよ。

IMG_0875

「ぼくなんかにできっこない。」

大丈夫。

きみたちには支えてくれる仲間がいるんだ。

IMG_0130

失敗してもなんてことないよ。

だって、失敗するってことは
「うまくいかない方法を見つけた」ってことなんだから。

次に活かせばいいだけだから。

そうやって、人は大きくなっていくんだよ。


道上さんがラボキッズにメッセージを送ってくださいました。

人によって何に「わくわくする」かは違うんだ。
だから、
自分が「わくわくする」ような仕事を見つけてね。

IMG_0622

そして、

もしまだ「わくわくする」ものが見つかっていないなら、

IMG_9690

いろんなことを経験してね。

だって日本の中だけでも

17,000個の仕事があるんだから。

きみが一番「わくわくできる」仕事がどこかにあるんだから。

IMG_9690

道上さんありがとうございました。
道上さんとこのプロジェクトをご一緒する中で、
こどもたちはデザイナーという仕事を、そしてデザインするということを実際に見て、感じて、悩みながらもたくさん考えることができました。
こどもたちの気持ちを第一に、こどもたちに寄り添いながら、
このカードゲームの開発に関わってくださり、本当に感謝しております。


最後に、まごっちからラボキッズのみんなへ。

きみたちラボキッズと一緒にラボをやるのはこれが初めてだったね。

IMG_9376

ぼくは、普段は大学院というところで勉強をしているんだ。
大学、留学、大学院とその経歴ばかりを見ると「すごい」と言われることがあるの。
でもね、
ぼくがこの3ヶ月で強く感じたのは、

きみたちの方がぼくよりよっぽど「すごい」ってこと。

だって、きみたちは、

自分に正直だから。

IMG_9647

IMG_9647

意見することを恐れないから。

IMG_9647

IMG_9647

そして、なんでも0から作り上げてしまうから。

IMG_9647

IMG_9667

ぼくは、「勉強」ができるし、
それに「空気を読む」ってことが得意なの。
だから、周りからの評価は高いんだ。
でもね、空気を読んでばかりいると、
本当の自分が誰か分からなくなってしまうの。

きみたちはすごいよ。

だって、きみたちはいつでもきみたちだから。

ずっとそのままでいてほしいな。

そういえば、最後の最後の授業で「批判」の勉強をしたね。

IMG_9932

「批判」っていうのは非難じゃなくて、物事を深く理解すること。
そのためには意見することも大切だってこと。

まぁ、きみたちはぼくが伝える前から自然とラボの中で出来ていたけど。

ただ、もしいつか、どこかの誰かに、
他の誰かさんになれって言われたら、

このプロジェクトで見せたみたいに、

ぼくと勉強したみたいに、

批判してほしいな。

そうすれば見えてくるはずだから。

きみたちはどこかの誰かさんじゃなくて、

今ここにいるきみたちなんだから。

そして、今回カードゲーム作ったみたいに、

きみたちが、きみたちらしくいれる世界をつくってほしいな。

大丈夫。

どんなにむずかしくても、

きみたちならきっとつくれるよ。

だって、

カードゲームだって0から作りあげたんだから。

IMG_1002


ということで、
4−6月のプロジェクト「こどもが夢中になる カードゲームを開発しよう!」が終わりました。
カードゲームは、こちらのオンラインストアで購入できます^^
「漢字が大好きになる」カードゲームです。
神経衰弱で、同じ漢字をそろえて、漢字を楽しく覚えていくゲームです。
道上さん、ご協力いただいた保護者の方々、そしてラボキッズのみんな
本当にありがとうございました。

PETERSOXスクールリーダー
まごっち

IMG_9932

 


〜おまけ〜

S__18268172

S__18268168

IMG_0328

IMG_8621

IMG_8620

IMG_8616

IMG_8611

IMG_8610

S__18268169

S__18268170

IMG_8619

IMG_1081

IMG_8617

IMG_9265

IMG_0114

IMG_9259
IMG_9539
IMG_9539
IMG_9539


こどもラボとは?

こどもが「やってみたい!」と思ったことを、プロと協力して形にし、社会に発信する課題解決型教育プログラムです。

HP: http://petersox.com/class/kids-labo/