4/3 部下と子どものやる気を伸ばす アドラーコーチング塾

IMG_2567

満員御礼、初めてのご参加もたくさん!

大盛況の中終了したしました^ ^

IMG_2575

今回のテーマは「考える力を育む対話術」。

アドラー心理学をベースに、様々なケーススタディーと向き合います。

たとえばこんなケース。

========================

【あなたならどうしますか?】

春休みも残り1週間。

小学2年生のはるお君は、まったく宿題をやっている様子はありません。春休み最後の日にはUSJに行く予定もあります。

※誰にとっての問題か?

※最終的な結末が誰に降りかかるのか?

=========================

「わたしもUSJに行きたいから『はやく宿題やりなさい』って、言っちゃう。」

「『宿題が終わらなければ、USJには行けないよ』って言うと思う。」

「宿題をやることよりも、USJに行くことの方が大切な経験になるかもしれない。」

「『宿題をやること』と『USJに行くことは』わたしにとっては別の問題。」

「宿題やってなくて怒られるんやったら、それもいい経験。」

 

「宿題のやり方がわからなくて困っているのなら、サポートしてあげる。」

etc…….

たったひとつのケーススタディーをとっても、価値観は本当にひとそれぞれです。正解は決してひとつではありません。

大切なのは、「何を言うか」ではなくて、「それを言うことに、自分自身が納得しているかどうか」。

その「自分自身が納得する答え」にたどり着くことそのものが『考える力』だと思うのです。

つまり参加者のみなさんは、『考える力を育む対話術』を学びながら、そうとは知らずに「自らの『考える力』を育んでいた」。ってことになりますね^ ^

実際、盛りだくさんの情報に

 

「アタマぱんぱ〜〜〜〜ん!!!」

 

「刺激的で、帰ってからも旦那とずっと話し合ってました!!」

「もっとはやく知っとけばよかった〜!!」

「モノにするのに、まだまだかかりそうです。。」

 
素敵なフィードバックをたくさんいただきました^ ^

IMG_2648

IMG_2628

IMG_2661

IMG_2581

そんなアドラーコーチング塾も、いよいよ佳境に入ります!!

次回は5/15(日)

 

テーマは『苦手な上司と向き合うアドラー式対話術』!!

上司に限らず、「『苦手だと思っているひと』とどうやったら向き合えるのか」。その秘密に迫ります。

はじめての方も大歓迎♪

詳細・お申し込みはコチラから!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

http://petersox.com/events

http://petersox.com/events