湧き起こる感情。それは、「自分」そのもの。 |Basketball 1on1 Contest

img_6588

11.12に、バスケットボール大会が開催されました。

1年に3回ある大会の一つです。

今回は、1on1。つまり一人で戦うのです。

いま、こんな気持ちになっているなんて、

始める前はまったく想像していなかった。

とんでもない大会になってしまった。

 

続々と集まるキッズ戦士達。

img_4963

 

今回は、いつもとは違うトーナメント方式でやりました。

つまり、負けたらその時点でゲームオーバー。

お終いなわけです。

img_5082

 

そして、ゲームが始まる。

普段は、一緒にボールを追いかける仲間。

でも、今日は違う。

共に、技と技を競い合う対戦相手。

「敵」という表現になってしまうのかもしれない。

img_5319

 

今から始まる3分間。

仲良しごっこは、もうやめにしよう。

img_5341

 

この壁をこえれるもんなら、こえてみろ。

img_5253

 

ゴールに集中するんだ。

あそこにいれれば、決勝へ行ける。

img_5498

 

1年生も、戦います。

1年生は、3対3!!

集中する両者。

img_6405

 

だれよりもはやく、このぼくがいれるんだ!!

img_6442

 

1年生達。いつからこんな顔をするようになったんだろう。

ボールを持てば、夢中になれば、

こんなにたくましくなれるんだな。

img_5838

 

予選が終わった。

急遽、エキシビションマッチを開催!!

2年生同士で、3年生同士で、上級生同士で試合をする。

これも「本気」で会場が埋め尽くされていた。

img_6194

 

誰にもこのボールは渡さない。

お前には決めさせない。

img_6025

 

あと一歩。

あと一歩で、ゴールが見える。

img_6311

 

そして、いよいよ決勝戦!!

PETERSOXのバスケットボールを開校してもうすぐ3年が経つ。

これほどエネルギーと愛に溢れていた決勝戦は、

体験したことがない。

会場中の心臓が、

揺れに揺れるそんな瞬間がたくさんあった。

絶対に勝つ。

絶対に勝つ。

そして、俺が2年生のチャンピオンだ。

img_6483

 

姉妹対決。

毎回ドラマを残してくれるこの2人。

絶対に対戦したくない相手と最後の最後でやることになってしまった。

img_6542

 

試合中に怪我をした。

大事な手が負傷してしまった。

でも、自分で「やる!!」って決めた。

最後まで。時計の針が止まるまで。

img_6540

 

決める。

わたしが先に、シュートを決めるの。

絶対に。

img_6548

 

4年生 VS 5年生
上級リーグの決勝戦。

img_6553

 

俺に勝つなんて100年早い。

力の差を見せつけてやる。

この大観衆の前で。

img_6564

 

勝つのは俺だ。

右からのランシューを決めてやる。

img_6585

 

とどけ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

img_6588

 

そして、試合が終わった。

3時間ですべてが終わった。

でも、この日のことを10年経っても忘れることがないだろう。

色んな想いや気持ちがフロアを完全に包み込んでいたんです。

 

悔しい気持ちもあった。

img_6220

 

負けて悔しいけど、

対戦相手を讃えたいって、そんな気持ちもあった。

img_5428

 

仲間の勝利を共に喜びたいって気持ちもあった。

img_5433

 

仲間を応援したくなる気持ちも。

img_5237
img_5579

 

img_5704

 

大人だって同じ。

一緒に喜びたいんだ。

きみたちと一緒に感動したいんだ。

img_5218

img_6385

img_6613

会場にいたすべての人間の感情が、

バスケットボールコートに解き放たれ、

子どもたちを優しく包み込んでいた。

 

小学生に「競争」を持ち込むことがいいことだとか、

悪いことだとかそんなちっちゃな議論は正直どうだっていい。

だって、どんなプロセスにも、

「夢中」になればそこには絶対学びはあると信じているから。

「夢中」になれば、そこには100%感情が生まれてくる。

その感情が学びの種なんです。

 

勝って嬉しかった。

だから、もっとシュートの練習をしよう。

負けて悔しかった。

だから、次の試合までにドリブルを練習しよう。

上級生みたいなプレーをやりたいって思った。

だから、今度からじっくり上級生のプレーを観察しよう。

 

感情が生まれるから、行動が生まれる。

行動が生まれるから、成長できる。

だから、悲しい気持ちも悔しい気持ちも間違いじゃない。

我慢なんてしなくていいんだ。

抑えこまなくていいんだ。

解き放て。

放出せよ。

感情が生まれた次の瞬間に、一歩前に進める。

心が動くと、勝手に体が動くんだ。

その一歩が、自分の未来を創っていく。

自分で決断したその一歩にこそ、自分の答えがある。

夢中になろう。

本気でやろう。

僕もやる。もう巻き込まれてしまっている。

飽きるまで、のめり込んでしまおう。

一緒に。

 

img_5285

アフロ被って、変なMCでしたが、ずっと感動していました。

大の大人が大泣きするようなそんな仕事を、僕はやっていきたい。

36歳ですが、もう一度学生時代スポーツをやっていた時の

あの感動を味わいたいんです。

これからも、大人もこどもも一緒になって夢中になれる場を、

つくり続けていきたいと思います。

とても楽しみです♪

ありがとうございました!!

おすすめコラム:『嫌われ者が、世界を変える。』
http://petersox.com/columns/%e5%ab%8c%e3%82%8f%e3%82%8c%e8%80%85%e3%81%8c%e3%80%81%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%82%92%e5%a4%89%e3%81%88%e3%82%8b%e3%80%82/
img_6742

 

——————————————–

【表彰者 Birthplace -1on1- 2016.11.12】

▼シュートコンテストHORSE 優勝

1年生:いどさき じょう

2年生:きたぐち なち

3年生:おおさわ たくと

上級リーグ:たぐち りんたろう

▼バスケットボールゲーム優勝

1年生:さかい こうた, てらむらじゅんせい, かしわ こうたろう

▼1on1

2年生:とくなが ゆうと

3年生:たなか すず

上級生:たぐちりんたろう

————————————