こどもラボ 「店をつくろう」9月プロジェクト

img_9757

まちなか実験室こどもラボの9月プロジェクトが無事終わりました。テーマは、「お店をつくろう」。市堀川沿いで開催されている「にぎわい横丁」のそば で店を出しちゃうのです。

「ごっこ」ではなく、リアルに出店しました。

—————————

【ミッション概要】

▼ゴール:小学生が入りたくなる店をつくる(2時間で20人集客する)

▼使えるお金:5000円

▼ルール:迷惑にならない。危ないことはしない。部屋を汚さない

————————–

 

アイデアを出し合い、考えます。

 

img_7040

 

お店を出すときに考えないといけないことはなに? 

小学生はどんなことをお店に求めているんだろう?

たくさんあるお店の中で自分の店が選ばれるにはどうしたらいい?

自分たちだからできることはなんだろう?

 

ファシリテーター(司会)も、もちろんこども。

バージョン 2

 

ちゃんと自分の話を聞いてくれないこともあった。

司会の人にアイデアを却下されたこともあった。

大丈夫だよ。

ぜーんぶ、実験だから。

ほんまに爆発とかしないし、馬鹿にされたりしないの。

ここは、そんな場所だ。

 

img_6498

 

店が決まりました。「射的」です。

なんと全員一致です。

 

そこからみんなで役割り分担を決めて、

店づくりがスタート。

集中すること、3時間。

あそびながらやけど 笑

 

img_9236

 

こっちのお菓子の方が、小学生はうれしいよ♪

2016-09-27-17-36-50

 

すぐにお客さんに渡せるように、賞品のはこをつくろうぜ!!

img_9272

 

射的の的は、おれが書くよ!!

img_9275

 

おれはこっちの方がいいと思う。

img_9305

 

ちょっとずつ出来てきた!!!

img_9314

 

つかれたから、みんなで飯食べようぜ!!!

img_9354

出来ました。

イベント前日に。

小学生がつくる小学生のためのお店が。

 

そして、いよいよ祭り当日です。

どきどき。

—————————-
【かんばん】

しゃてきはおもしろくてたのしいよ

なんでかとゆうとしゃてきは はずれても

しょうひんがもらえるからだよ。ぜったいに。

—————————-

 

img_9187

 

最初は思うように人が入ってくれなかった。

なんでだろう?こんなはずじゃなかった。。。

 

店を閉めて会議をするラボキッズ。

img_9701

どうやったら人がもっと入ってくれるだろう?

マイクで歌とか歌ったり、歩いている人に声をかけたほうがいいんじゃないか?

賞品のことをアピールしたらいいんじゃない?

 

考えたことは、即実験です。

試すんです。現場で。

歌を歌ったり〜♪

img_9739

 

賞品でアピールしたり〜♪

img_9761

 

看板をふりふりしてみたり〜♪

img_9710

 

少しずつお客さんが入ってくれました。

img_9563

 

2回も3回もやってくれる子どももいましたね。

img_9719

そして、2時間が経ちお店終了。

結果は、47人の方に射的を体験頂き目標を達成しました。

売上のお金は、子ども達との打ち上げ費用(ラーメン)と次回プロジェクトに使わせて頂きます。

 

 

「たのしい」は、自分でつくる。

 

 

これが、まちなか実験室「こどもラボ」のコンセプトです。

じぶんの「たのしい」が、みんなの「たのしい」になったとき、

それが新しい正解になる。

普段できないことでも、ここでならできる。

ここで、いっぱい試したらいいやん。

うまくいかないことがあってもいい。

失敗してもいいよ。

踏み出そう。

自分の足で。

伝えよう。

自分の想いを。

信じてるから。

きみなら絶対できるって。

だから、信じよう。

自分ならできるって。

踏み出せ。

一歩。そして、もう一歩。

—–

10月のプロジェクトは、またおもしろいです。

 

「和歌山が大好きになる商品を開発しよう!!」

 

和歌山が大好きな人を認定する資格制度「わかやまコンシェルジュ」を運営するわかやまコンシェルジュ認定協会から、こどもの声を反映させた商品を開発していきたいと打診があり、こどもラボで「わかやまトランプ」を共同開発することが決まりました。

 

57a98729-9f54-49e0-a83b-341c0abc24b2

 

▼カリキュラム内容

キャッチコピー作成

トランプの絵柄のキャラを作成

広報戦略を考える

新しいトランプゲームを考える

 

こんな感じで進んでいきます。

「ごっこ」ではなく、「リアル」に商品を開発していくのです。

体験募集中です。(10/4,10/11)

残り3席です。

ぜひ、ご体験ください!!

————

こどもラボとは?

「考える力」と「伝える力」を育む課題解決型教育プロジェクト。
「正解」のない問いと、とことん向き合う。ひらめいたら実験!失敗からも学んじゃう!どんどん自分を表現しよう!「たのしい」は、どっかの誰かから与えられるものじゃない。自分でつくるもの。一歩踏み出そう。冒険だ。自分を信じる。仲間を頼ろう。飛び越えるんだ。今いる世界の向こう側へ。2016年和歌山ビジネスプランコンテスト入賞の教育モデル。

詳細はこちらです↓↓
http://petersox.com/class/kids-labo/

img_9343