生まれてきたことを、まるごと肯定する。

IMG_0106

 

ありがたくて、ありがたくて、しかたない。。

 

 

お母さんのお腹の中にいた頃の感覚を、思い出したことがある。

この世に生み出される瞬間の感覚を、思い出したことがある。

 

妄想だったのかもしれない。

 

でも確実に言えることは、わたしも、お母さんも、おばあちゃんも、そのまたお母さんも、ずっとずっと気が遠くなるくらい昔から、途切れることなく「命をつないできた」ということ。

途方もない物語の鎖を、つないできたということ。

 

「ただ、無事に産まれてきてほしい。」

何人もの人に応援されて、生まれてきた。祝福されていた。

その瞬間、他に望まれたことは何もなかった。

「生まれて、そこにいる」それがすべてだった。

 

 

時が過ぎ、成長するにつれて、自分は本当に生まれてきてよかったのか、自信が持てなくなっていった。

うまくいかないことが、多すぎた。

いつも何かしら、居心地が悪かった。

心のどこかでずっと、自分自身を恥じていたように思う。

 

 

「自己肯定感。」

 

 

最近よく耳にする言葉だ。

 

辞書によると、『自己肯定感=”自分は大切な存在””自分はかけがえのない存在”と思える心の状態』とある。

 

どうやら、大人になってからのわたしは、ありとあらゆる方法を使って、この「自己肯定感」を取り戻すという作業を一生懸命続けているようだ。

 

 

生まれてきたことを、まるごと肯定する。

嬉しいことも、辛いことも、輝かしいことも、恥ずかしいことも。

 

おかげで、ちょっとは生きやすくなった。

ずいぶん、生きやすくなった。

 

 

世界はわたしの敵ではなく、祝福に満ちたわたしの「居場所」だという感覚。

 

 

わたしの先に、まだまだ命がつながれていくのだとしたら、この感覚だけ、育みたい。他のものはいらない。ひとつだけ、これだけ。

 

 

「生まれてきてよかった」そう思える物語を、誰かとシェアできること。

 

「生きる」って、そういうことだと想うのです。

 

 

PETERSOXマネージャー YUGA